M字ハゲに効く育毛剤ご紹介サイト!

m字はげは男性型脱毛症

前髪の生え際の特に両端側の抜け毛が多くなり、徐々に薄くなっていくm字はげですが、これは男性型脱毛症が原因によるものです。
男性型脱毛症とは、男性ホルモンが酵素の働きによって強力なDHTというものに変化し、そのDHTの働きにより抜け毛を促進するというものです。
男性型脱毛症は、m字はげ以外にも頭頂部がカッパのお皿の様に薄くなるタイプや、その両方からなるタイプなど様々です。
男性型脱毛症は円形脱毛症などとは異なり、進行性の脱毛症なので治療を行わないと進行速度は人によって異なりますが、確実に進行する脱毛症になっています。
m字はげの治療は、フィナステリドという薬やミノキシジルという発毛剤を使用して行う事が多いです。
最近では男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部の自分の毛根を薄くなってしまったm字はげの部分などに植える自毛植毛も人気です。
これは前頭部などに植えても、後頭部の寿命のままなので自分の髪が生え続けるというものです。

 

m字はげが気になる男性は日本中にたくさんいらっしゃると思います。特にm字はげが目立つときは外出中に風が強く吹いたときではないでしょうか。風が強く吹くと髪が上がり、広いおでこが出てしまう可能性がありますので、風が強いときに外に出るのは抵抗があるのではないかと思います。m字はげはあまり好まれることもありませんので、やはりふさふさの髪の毛がある状態が良いかと思います。ではどのようにm字はげの育毛をしていくか紹介していきます。m字はげを改善するためには、まずm字はげの原因を追求しなかればいけませn。m字はげの原因の多くはAGAが原因だと言われております。AGAが発症してしまうとm字はげが表れて、m字はげが徐々に酷くなると同時に頭頂部、つむじの部分がより一層薄く なったように感じると思います。これがAGAの主な症状です。ですからm字はげを改善するために、まずAGAを対策していきましょう。AGAの原因はジヒドロテストステロンが原因だと言われております。ジヒドロテストステロンの分泌が過剰になってしまうと髪の成長が阻害されていき、生え際の後退が目立ってしまうことが挙げられるのです、ですからまずはジヒドロテストステロンを対策するように心がけましょう。ジヒドロテストステロンを対策する方法としては一般的に薬の服用が挙げられます。ジヒドロテストステロンを抑制する薬としてはプロペシアが有名です。プロペシアはジヒドロテストステロンを抑制して髪の毛の薄毛化を防ぐとても有効的な薬ですので、m字はげに悩む方には強い味方でしょう。しか し薬ですので、副作用の可能性は否定できません。副作用が怖い方はぜひ医者に相談してから服用するか決断するようにしましょう。もしどうしてもプロペシアの副作用が嫌だと思う方には、大豆の積極的に食べることをおすすめします。大豆に含まれるイソフラボンという成分は、ジヒドロテストステロンを抑制することが期待できますので、プロペシアの代わりとして、日常生活に取り入れるようにしましょう。またm字はげに期待できる育毛剤としては、チャップアップやプランテルが挙げられます。これらの育毛剤は、髪の健康的な発毛サイクルを促進することに大きく貢献が期待できる育毛剤ですので、上記のm字はげの原因対策をしながら、チャップアップやプランテルのようなm字はげ用の育毛剤を使うよ うに心がけましょう。以上がm字はげ育毛に効果が期待できる育毛剤のご紹介です。