乳酸菌サプリガイド!

歯周病の原因と解決法

歯周病とは歯茎が腫れたり、炎症してしまう歯の病気です。この歯周病は色々な方がなってしまう病気です。この歯周病が進行が続いてしまうと歯槽膿漏になると言われております。この歯周病の原因としては、歯をしっかり磨いていないことによる細菌の増加があるといわれております。この細菌が毒素をたくさん出すことによって歯茎が炎症をおこし、ぐらつくようになるのです。ですから歯周病を予防する意味でもしっかりと歯を磨くように心がけましよう。またまた朝起きたときにどうしても口のネバツキが気になるようになったり、歯を磨いたときでもすぐに歯茎から血が出るようになってくると要注意です。なぜなら歯を磨く時に歯茎から血がでるということは、つまり歯茎が弱っているということを表しているからです。また朝起きたときにどうしても口のネバツキが気になるようになったり、歯を磨いたときでもすぐに歯茎から血が出るようになってくると要注意です。なぜなら歯を磨く時に歯茎から血がでるということは、つまり歯茎が弱っているということを表しているからですこれは歯肉の炎症が進んでおり、徐々に歯周病に近づいていることが分かります。ですから念入りに歯肉を健康にするようにしっかり磨くことが重要になってくるのです。また歯周病になると口臭が大変きつくなりますので、周りの方に迷惑をかけてしまう恐れがありますので、早めに歯医者さんに相談しましょう。